歩歩歩

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ソウルからの便り

このブログに来て頂いた方が、少しでも安全に過ごせて頂けたらと思って、原発事故の事を載せました。

まず始めに、先日韓国の友達からメールで、原発事故で健康被害も出ているようだけど、tomoの所は大丈夫なのか?日本への旅行も自粛したほうがいいのかと?いう内容がありました。

東京でも大丈夫とは自信を持って言えないので、東京に観光しにくるのは、もう少し様子をみてからの方がいいよとメールしました。
正しい情報が日本では流れないですし、食品の暫定基準値なども見直されてないですし、友達の事を思うと、安易に東京に来なよとはどうしても言えませんでした。
遊びに来てほしいですけど(TT
健康被害のニュースとか、向こうでは流れているのでしょうか?

今の政府やマスコミでは、安全じゃないものでも安全とか、ただちに健康に影響はでないとしか言わないですし。
海外のニュースを見る限りでは、東日本は結構やばいようです。。。

自分自身でも、原発事故後から色々と調べてくと、正直凹む内容ばかりでした。
今回の原発事故では、海、空合わせて広島型原爆、数百発から1000発位の放射性物質が原発から出ちゃったみたいですから。。。

広島に落とされた原爆の黒い雨で、広島の方が苦しんだと言う話は、日本人の多くが知っている話しだと思いますが、
あれは一発の原爆です。
それが今回の原発事故では、数百発から1000発分の放射性物質が原発から漏れ出したんです。

この状況で東京も含めて東日本が安全とは思えないです。。。

海の幸も食べるのには勇気がいります。下の図。

d0158191_83398.jpg

どんだけ流出して拡散しているか、この図を見ると分かりやすいかと思います(TT

グリーンピースが食品放射能検査「魚調査」を行ってくれました。ちなみに原発事故前の魚に含まれてた放射性物質の平均が0.086ベクレルだそうです。下記二つのURLから検査結果が見れます。

http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20111020_SUSEA_Result.pdf?report01

http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20111117_SUSEA_result.pdf


d0158191_85226.jpg

この図は、年代によってどれだけ日本人が毎日放射性物質を体内に取り入れていたかを示す図です。
世界中で核実験が一番行われていた60年代がもっとも高いです。

例として、日本人一日、kg48ベクレルの魚を50g食べると、2.4ベクレルの放射性物質を取り入れる事になります。※食べる部位によって数値はかまります。
汚染されたのは魚だけじゃなく、様々な食品も汚染されていますし、呼吸からも内部被曝します。
産地を気にせず食べてれば、結構な放射性物質を体に取り入れてしまうことになります。注意です!(TT
うぅ。。美味しくて安全な物を心おきなく食べたい(TT

それから事故から半年、魚の中の放射性物質の含有量が増えつつあるようです。
理由は食物連鎖による、魚の体内への濃縮効果が進んできたからです。
これは現在進行形で、食物連鎖の頂点にいるのが人間です。
何年後とかに、「火葬場から放射性物質検出」とかニュースで流れなければいいですが。

d0158191_853297.jpg

これが暫定基準値です。
食を扱うところ全て、この基準値以下なら、店頭に出して売ってもOKとなっています。


1kgってそう食べれないと思うので、単純計算で正確ではないですが、数値を1/10にしてみると、
放射性セシウムなら、100g20ベクレル未満と、100gで50ベクレル未満までは、国は売っても食べてもOKと言っている事がわかります。
60年代の4~10倍です。
また食卓にはいろいろな食材が並びますし、その食材達がそれぞれ汚染されていれば、その分の放射性物質を足算的に体に取り入れる事にもなっちゃいます(TT
それから放射性物質はセシウムとヨウ素以外にも沢山あって、いろいろな種類の放射性物質が福島第一原発から放出されましたが、暫定基準値の検査項目には全ては入っていません。


d0158191_8714.jpg

これはデータを解析した汚染マップです。

※土壌への放射性セシウム沈着量を計算した地図。単位は土壌1キログラム当たりのベクレル。

広範囲が汚染されてしまいました。

事故直後からこうなる気がして、四国の友達にも原発事故直後はマスクしてと言ったり、事故当初から九州の野菜を取り寄せて今も食べてます(;;
数値は高くないかもしれないですけど、北海道が汚染されてる可能性が高くてショック(TT
現実としてこうしたデータが出てくるのは悲しいですね。

核実験が盛んに行われた60年代以降から、ガンの発生率が急激にあがっていますし。。。今後の日本がどうなるのか懸念しています。。。

また東京新聞からは
<土壌汚染 福島市・郡山市の深刻度 矢ケ崎克馬・琉球大名誉教授に聞く>

福島第一原発事故で放射能に汚染された福島市や郡山市の土壌濃度は、チェルノブイリ原発事故で健康被害が続出した地区に匹敵する-。内部被ばくに詳しい矢ケ崎克馬・琉球大名誉教授(67)は、先月30日に文部科学省が発表した詳細な土壌汚染マップを基に両事故の汚染度を比較した。その結果、「子どもら住民の健康被害が予想される」として、学校疎開を含めた被ばく軽減対策を最優先に取り組むよう訴えている。 (小倉貞俊)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111029-OYT1T00071.htm

距離で安易に危険だと判断してはいけないかもしれませんが、東京からも近い郡山市でこの状況ですから。

-------------------------------------------



東京の状況などもあり↑




原発事故で大変な事になっている日本ですが、↑こういう方達が活躍する日本になってほしいですね。

これからの日本人は、原発事故の現実を直視しながら、どう生きていくのか目を背けずにやっていくしかないようです。

こころよく海外の人達に日本に来なよ♪と言えるようになる日は、この先くるのでしょうか。(><


今日はおっかない情報ばかりで、読んでいて気分が良くないと思われた方が多のではないかと思いましたが、あえて危険を知って頂きたくて、書かせて頂きました。
この情報が何かのお役にたてば幸いです。

-----------------------------------

そのご追加 産経ニュースより 2011/11/24

都内3カ所でストロンチウム、最大で51ベクレル 市民グループ調査
2011.11.24 16:28 [放射能漏れ]
 東京・霞が関など都内3カ所の路上の泥から最大で1キログラム当たり51ベクレルの放射性ストロンチウムが検出されたことが24日、横浜市の市民グループの調査で分かった。

 横浜市のマンション屋上の泥からも10月、この市民グループの調査でストロンチウムが検出されている。

 グループによると、10月までに泥を採取。民間の分析機関「同位体研究所」(横浜市)に依頼して測定した。霞が関の経済産業省前(千代田区)の泥から1キログラム当たり48ベクレル、東京国際フォーラム前(同)で同51ベクレル、都営地下鉄の清澄白河駅前(江東区)で同44ベクレルが検出された。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111124/dst11112416280013-n1.htm
----------------------------------------

ついに東京でもストロンチウム90が検出されました。

ストロンチウム90は重いので、御用学者によれば福島から東京までは飛ばないとされていた物質ですが、
東京にも降っていたようです。

ストロンチウム90は有害性が強いため、世界各国で研究が行われていた、大変危険な物質です。
そのストロンチウム90は、体がカルシウムと勘違いして骨に運ぶことで、骨髄の細胞などを放射線で痛めてしまったり、カルシウムは神経系に必要な物質なので、脳などにも悪影響を与えたりする放射性物質です。
ちなみにセシウムは筋肉に集まりやすいので、心臓、子宮にも集まり、女性では子宮に入ったセシウムから放射線が出て、卵子の遺伝情報傷つける恐れがあります。

この季節公園へ写真を撮りにいくと、どんぐりやまつぼっくり、落ち葉などを拾って遊んでいる子供達を沢山みかけます。
様々な放射性物質が降り注いだ東日本で、親御さん達が普通に子供たちを外で遊ばせているで、
本当に大丈夫なのか不安になります。
放射性物質が手についた状態で、顔を触ったりすれば内部被曝します。

自分的にはもう少しだけ様子をみてから、子供たちを遊ばせてほしいです(TT

国や都はこういう情報を知っていても、情報を公開しないで、市民団体から情報が出てくるありさまです。
まずは転ばぬ先の杖で、しばらくは自分達でリスクを排除することだけに専念したほうがいいと思います。
何か起きてから取り返しがつかないですから。

------------------------------------------------

東京新聞より

ストロンチウム 都内3カ所で検出 
2011年11月24日 06時58分

 東京・霞が関の経済産業省庁舎前(千代田区)など都内三カ所の路上に堆積していた泥から、微量の放射性ストロンチウムが検出されたことがわかった。福島第一原発から約二百五十キロとより遠い横浜市港北区のマンション屋上の泥などからも十月中旬に確認されている。ストロンチウムについて文部科学省は同原発から半径百キロ圏内でしか土壌調査しておらず、専門家などから調査範囲の拡大を求める声が上がっている。

 調べたのは、港北区の自宅マンション屋上でストロンチウムを突き止めた教員男性(38)らの住民グループ。

 十月上旬、経産省前のほか、東京国際フォーラム前(千代田区)と都営地下鉄清澄白河駅前(江東区)にたまった土壌を採取し、横浜市鶴見区の民間検査機関・同位体研究所に測定を依頼した。

 検査結果によると、ストロンチウムは一キログラムあたり最大が東京国際フォーラム前で五一ベクレルを検出。経産省前が四八ベクレル、清澄白河駅前は四四ベクレルだった。

 一方、放射性セシウムについては経産省前の四万八〇〇〇ベクレルが最大。東京国際フォーラム前が二万九五五ベクレル、清澄白河駅前は一万九一二七ベクレル。これらは国や東京都が全く把握していないデータだ。

 横浜市は男性の指摘を受け、十月中旬、市内三カ所からストロンチウムを検出し、福島第一の由来であると発表。市はストロンチウムの調査範囲を拡大するよう国に求めたが、文科省はまだ横浜の土壌の検査中という。

 ストロンチウムの広範囲な汚染の一端を明らかにした男性は「国は食品のストロンチウムの規制値も示し、食品検査に結び付けてほしい」と話す。

 国は現在、食品に含まれるセシウムの規制値を見直し作業中だ。暫定規制値ではストロンチウムが除外されている。

 厚生労働省の担当者は「今の規制値でも、セシウムが検出されれば、ストロンチウムは10%を超えない割合で存在しているという前提でいる。来年四月までに新しい基準を示すが、ストロンチウムの具体的な数値を示すかも検討している」としている。

(東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011112490065815.html

---------------------------------------------------------------------

セシウムの量がすごいですが、Kgなんでしょうか?
セシウムやストロンチウム以外にも放射性物質が混ざっているでしょうし、ひどい汚染です。。。

d0158191_8714.jpg

Kgの汚染だとしたら、この汚染マップよりも深刻な場所が沢山ありえるという事かもしれません。
[PR]
by hohohodayo | 2011-11-25 08:00 | 福島第一原発

どんだけ。。。

今日ニュース見たら、北海道や、広島、四国の方まで、放射性セシウムが土壌に沈着した可能性があると放送されていました。
放射性物質の量は、東日本よりも少ないですが、やっぱしな~と思いました。
もう4月にはそうなると思ってたので、当時は放射性物質の雲が西に向いたときには、友達にマスクをするようにと言ったのを覚えています。
11月になって、やっとそういう話がかい!ってかんじです(><

横浜でも、用土から基準値を上回る放射性物質が検出されたり、後から次々と宜しくない情報が。

原発事故当初は、アメリカのスマイリー島の原発事故よりも事故レベルは低いから大丈夫だと言われてましたが、
いやいや状況から考えて、チェルノブイリよりも大変な事になりかねないと自分は思っていました。
人口密集率が高いですし、逃げれない人も多いし、政府マスコミが嘘をついていたから。

ここ最近では原発の解体作業が終了するまで最低で30年とか(TT

また、海に放出された放射性物質が、核実験が盛んに行われた60年代の2倍。。。
ちょいと調べたら60年に行われた核実験が約200回。。。
広島型原爆よりもおそらく威力がある核爆弾の実験なので、広島型原爆、最低400発分以上の放射性物質が海に流れて、大気中でもやはり600発近くの放射性物質が放出されたようなので、自分的には1000発分の放射性物質が原発の外に出てしまったのでは?と思っています。

東京から200キロちょいしか離れた場所で、核実験を数百回~1000発。。。

日本の原発全て、阪神淡路大震災や、今回の大震災の揺れに耐えられない造りで、それが50基もあるので、それを考えるとぞっとします。

どんだけ時限爆弾あるんだよ!!って。

今後は健康被害がじわりじわり出てこなければいいのですが。
たぶん出てくるんだとは思いますが。
[PR]
by hohohodayo | 2011-11-15 09:40 | 福島第一原発

DASH村のヒマワリ回収について

DASH村は福島第一原発の影響で、かなり汚染された場所のひとつですが、
今日番組では、DASH村に植えたヒマワリを回収するという主の番組内容でした。

現状を調べるにはいい気もしますが、わざわざヒマワリを回収する必要は無いと思います。
というか、意味無いと思いますし、現場に行った人の、安易な被曝を誘発しているだけ。
番組の視聴率稼ぎなのでは?と少し思ってしまったり。

ヒマワリが放射性物質を吸い取らないことがわかっているのなら、それを回収して保管してどうするの?です。
そのまま枯らせておけばいいじゃん。

なぜわざわざ時間かけてヒマワリを回収して、安易な被曝をしなくちゃいけないのかと?

福島の現状を知らすにはいいとは思いますが、ヒマワリ回収という意味の無い作業での、被曝者を出すのはやめてほしいものです。

ただ村の線量が30マイクロシーベルトと、どれだけ現状が厳しいかが知れたことはすごく良かったです。

30マイクロシーベルトを超える場所では、もう数十年~百年単位で人が安心して住めるような場所ではないんでしょう。。。

これが原発事故の恐ろしいところです。
[PR]
by hohohodayo | 2011-11-06 19:19 | 福島第一原発

2号機原子炉にホウ酸水注入=核分裂の可能性で―福島第1

以下記事

時事通信 11月2日(水)4時50分配信

 東京電力福島第1原発事故で、同社は2日未明、2号機の原子炉格納容器から1日に採取したガスを分析したところ、半減期が短いキセノン133、同135が検出された可能性があると発表した。溶融燃料の核分裂反応を否定できないとして、2日午前2時50分ごろから原子炉への冷却水注入ラインを使い、ホウ酸水の注入を開始した。
 2号機の原子炉の温度や圧力、周囲のモニタリングポストの放射線量に異常な変動はないため、念のための措置としている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111102-00000016-jij-soci

--------------------------------------------



福島第一原発2号機、臨界か…ホウ酸水注入
読売新聞 11月2日(水)8時13分配信


拡大写真
放射性物質キセノンが検出された福島第一原子力発電所2号機(9月29日)=東京電力提供

 東京電力は2日、福島第一原子力発電所2号機の格納容器内で核分裂した際に生じるキセノンと見られる放射性物質を極微量検出したと発表した。

 キセノン133は半減期約5日、同135は半減期約9時間と非常に短いため、原子炉内で一時的に小規模な臨界が起きた可能性もあるとしている。東電の松本純一・原子力立地本部長代理は2日の記者会見で、「原子炉の冷却は進んでおり、大きな影響はない」と述べた。東電と政府は、原子炉を安定的に冷却する「冷温停止状態」の年内実現を目指しているが、今後慎重な判断を迫られそうだ。

 東電は2日未明、中性子を吸収して核分裂を止めるホウ酸水を注入した。2号機の原子炉の温度や周辺の放射線量に大きな変化は認められていない。松本本部長代理は「核分裂反応が連鎖的に起きる再臨界が継続している状態ではない」としている。

 原子炉に存在する中性子による核分裂が起きたか、あるいは2号機で注水を増やしたことで炉内の水温が低下し水の密度が増えたことによって、局所的な臨界が起きた可能性があるとしている。

 2号機では、先月末から格納容器内のガスに含まれる放射性物質をフィルターで除去するシステムを稼働させており、キセノンは1日、このガスから検出された。検出濃度はキセノン133、キセノン135ともに1立方センチ当たり約10万分の1ベクレル。極微量のため、東電は再検査を日本原子力研究開発機構に依頼する。

 1~3号機のなかで原子炉の冷却が遅れていた2号機は、9月14日から注水増を実施。同28日に冷温停止状態の条件である原子炉圧力容器の底部温度が100度を下回り、今月2日午前5時現在で76度と安定して低下傾向になっている。

 ◆臨界=核物質の反応が連続的に起こること。核燃料中のウランなどの原子核は、一定の割合で分裂を起こし、熱や中性子を出す。出てきた中性子が他のウラン原子核にあたると、そこで再び核分裂が起きる。原子力発電では中性子の発生の頻度や速度を制御して臨界状態を持続しているが、条件が整えば自然な状態でも臨界は起こる。 .最終更新:11月2日(水)11時22分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111102-00000173-yom-sci

------------------------------------------

やっぱり地面にズブズブ沈みながら、核反応は起き続けているのではないでしょうか。

どう考えても、安定的に燃料を冷やし続けるのは不可能です。

前の記事にもずっと書いてきたことですが。。。

政府の不可解な冷温停止状態という発表は、いつ変更されるのでしょうか。。。

正直に、いま正確な温度は測れません!!

なぜなら燃料が抜け落ちてしまった所の温度計で温度を測定して、その数値を発表していますから!!

そして燃料が核融合を起こしながら地面を溶かして地中へ落ちていくので、
おのずと温度計と燃料の距離が離れていき、一見温度が下がったようになります!!
それを我々は都合よく燃料の温度低下と解釈して、冷温停止状態と国民の皆様に嘘をついて発表しています!!

とは、言えませんよね(苦笑
[PR]
by hohohodayo | 2011-11-02 08:58 | 福島第一原発