歩歩歩

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日本人は現実逃避はやめるべき

以下記事

福島県は23日、一般米の放射性物質の予備検査で、二本松市の1検体から国の暫定規制値と同じ1キロ・グラム当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

 国が定めた重点調査区域を指定する基準の1キロ・グラム当たり200ベクレルを超えたため、同市全体が重点調査区域になり、計画していた38地点から約300地点に増やして本検査が行われる。重点調査区域の指定は初めて。

 基準を超える放射性セシウムが検出されたのは、12日採取した同市岩代地区のコメ。この水田の土壌の放射性物質濃度は、1キロ・グラム当たり3000ベクレルだった。ほかの同市産のコメ18検体は、いずれも基準を下回った。

 予備検査ですべての検体が基準を下回った市町村は、本検査で、旧市町村ごとに2検体を調べ、基準を下回れば出荷が認められる。重点調査区域では、約15ヘクタールごとに2検体を調査する。すべてが国の暫定規制値以下であれば、出荷が認められるが、上回ると旧市町村ごとに出荷停止になる。

 今回の結果を受け、県は、基準を超えた水田の周辺数か所でもコメの放射性物質検査を行ったが、いずれも国の暫定規制値を大幅に下回った。土壌から稲への放射性物質の移行係数は「0・1」とされており、この水田の土壌の3000ベクレルからすると、300ベクレルとなる。

 県農林水産部は「移行係数から見ても高い。なぜここだけこのような値が出たのか」と困惑している。

 農林水産省によると、コメの放射性物質検査は、予備・本検査合わせて、21日までに計2679か所で実施。これまでで最も高い値は、16日に福島市内で見つかった1キロ当たりの放射性セシウム136ベクレルだった。

(2011年9月24日 読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=47602

-----------------------------------------------

困惑されても。。。必ずこうなること位は簡単に予想がつくんですけど、どうもピンボケされている方が多い。

現実を見たくない気持ちもわかりますけど、土壌に放射性物質がある限り、人が口にする物は作るべきではないです。
作るにしても、放射性物質を吸収しやすい農作物を作ってもらい、それを国が買い取り人の口に入らないようにして廃棄処分するのが一番安全です。

財源的には厳しいかもしれないですけど、そうするしか国民の健康と安全、そして農作物を作る方たちを守る方法は無いと思います。

もう東日本は放射性物質汚染されました。
広島型原爆の百発から数千発分が福島第一原発から流出しました。

普通に考えて、その付近で人が食べる物を生産し続ける事は、ありえないです。

未だに現実を直視できずに、人の口に入るものを生産し続けようと方針を進める役人に、自分は困惑します。


話は変わりますが、先日の台風の影響で、東京の放射線量が上がっています。
おそらく台風の風や雨によって、再び大気中に放射性物質が舞い上がってしまったと思われます。

しばらくはそれを吸い込まないように、できる限りマスク着用をオススメします。

最近マスクをする人を殆ど見かけなくなって、みなさん本当に大丈夫なのかと不安になります。


ちなみに台風が来る前の新宿御苑は、だいたい0.12~0.15マイクロシーベルトでした。
台風後は、0.15~0.17。
代々木公園も線量が上がっていました。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-24 20:55 | 福島第一原発

3号機、炉心の検出器全滅…損傷状況推定できず

3号機、炉心の検出器全滅…損傷状況推定できず
産経新聞 9月21日(水)13時57分配信

 東京電力は21日、福島第1原発3号機の原子炉圧力容器の下に位置し、制御棒137本の挿入状態を知るための検出器を調べた結果、すべてが損傷などで正常に作動しなかったと発表した。東電は、炉心溶融(メルトダウン)の高熱で電線が断線したりショートしたとみている。

 3号機の圧力容器の底には溶けた燃料がたまっているとみられる。東電は、炉心の状況を推定するため、制御棒にそれぞれ設置された検出器が正常に作動するかを調査。電気を流したが、健全な反応を示した検出器はなかった。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「圧力容器下部の損傷の程度は、はっきり分からない」と説明した。

 東電は当初、検出器の作動状況から、燃料損傷の度合いや原子炉下部の温度を推定できるとみていたが、検出器の損傷が予想以上に大きく、手掛かりは得られなかった。東電は燃料の損傷状態を調べる別の手法を検討する。

 1号機でも検出器を確認しているが、ほとんどの検出器が作動せず、損傷の程度は分からなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110921-00000564-san-soci

---------------------------------------------

今更発表ですか。。。

どう考えても燃料の状態などからみれば、計器も破損しているのは自分でもわかります。

東電としては一応いじってみて、万が一にでも動いてくれたらラッキー程度で動かしたんだろう。
そうと信じたいですが、本気で動かそうとしていたら終わってます。。。

ただヘリコプターで水まいたり、おがくずや新聞紙で流出する水を止めようとしてましたし。。。意外と本気だったのかも。

国はいいかげん、世界の科学者や技術者をどんどん呼んで、一日でも早くこれ以上放射性物質が拡散しないように本気で取り組むべきです。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-22 09:26 | 福島第一原発

放射性セシウムが東日本を覆う

原研による放射性セシウムの積算沈着量試算(PDF)

http://nsed.jaea.go.jp/fukushima/data/20110906.pdf

あくまでも参考資料らしいですが、これを見ると東日本が放射性物質で汚染されたという状況が把握できます。

ただベクレルの数字がおおざっぱすぎます。
同じ色分け地域で1000-10000ベクレルと数値に10倍の開きがありますし、色分け地域の境だと、100倍ぐらい開きが出てきます。

もっと細かく情報を提供できる技術があるはずですけど、やらないんでしょうね。
それを追求すればきっと、参考程度ですので。。。とごまかされちゃうんでしょう。

d0158191_1213138.jpg


100ベクレル以下での範囲なら、北は北海道から西は長野県と愛知県辺りまでですかね。

茶葉から放射性物質が検出されたのも納得です。

北海道と青森は調査対象じゃないそうですが、間違いなくセシウムは飛んでいっているはずです。
太平洋と大西洋を越えてイギリス辺りまで放射性物質は飛んでいってますから。

事故から約半年が経過した時点でのこの公表とは何なんでしょう。
事故直後にデータを国民に出していたら、間違いなく被曝者は減っていたはずです。
SPEEDIは機能を果たしてデータを出していたのに、それを使う人間が駄目駄目で国民が被曝。。。
何のためのSPEEDIなのやらです。。。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-21 12:07 | 福島第一原発

安全な原発など日本中探しても無いし、これからも無い

以下記事

原発再稼働、首相「来夏めど」 郵政株売却には慎重姿勢

野田佳彦首相は20日、訪米前に米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューに応じ、原発の再稼働問題について「来年の春以降、夏に向けて再稼働できるものは再稼働していくということを、きちっとやっていかないといけない」と語った。これまで安全性が確認された原発の再稼働は容認していたが、時期を明言したのは初めて。

 首相は電力需給の状況について「今年の夏は乗り越え、今年の冬も大丈夫だろう」と指摘したうえ、「もし電力不足になると、日本経済の足を引っ張ることになる」と述べ、来年夏までの再稼働を目指す姿勢を示した。一方で「脱原発依存は国民のコンセンサスができている。原発に可能な限り依存しない社会をつくる」とも強調した。

 また、復興財源の税外収入として日本郵政株を売却することに慎重な考えを示したうえ、「その他の国が持っている株式の売却は確実に今できる。償還財源としてカウントする」と主張。日本たばこ産業(JT)の政府保有株などの売却は進める姿勢を示した。

http://www.asahi.com/politics/update/0920/TKY201109200612.html

-----------------------------------------------

原発再稼動ですか。。。即廃炉へ向けて努力してほしいものです。
それにまだ日本経済の足を引っ張ると言いますか。。。

それを言うなら、震災前からあなた達に十分足引っ張られているんですけどと言いたいです。

以下のURLは3.11時の時に、日本がどれぐらい揺れたかなど、データーが載っているHPです。

日本で一番頑丈に作られている、浜岡原発。
今は危険だと言うことで停止されていますが、この浜岡原発をもってしても、
3.11の地震に耐えれないという事が良く分かります。

http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/topics/html20110311144626/main_20110311144626.html

広範囲で1000~2000ガルいってますね。
浜岡原発が頑張っても450ガル辺りで、一番耐震性が高い箇所でも1000ガルとか。

福島第一原発は津波で壊れた?いやいやその前に地震の揺れで壊れてましたから。。。

原子力発電所の事故確率は40年で10万分の1と言ってた人間もいたようですが、自分的には世界含めて20~50年に1回のペースで大きな事故が起きるのではないかと思っています。

震災後だけでも、女川原発もギリギリ福島第一原発状態を免れ、六ヶ所再処理工場では外部電源が一時喪失など、危うい状態が起きてました。。。

現在の日本には50基以上の原発があり、日本の何処かで大地震が起きれば、その周辺に原発があるという、とんでもない状態です。
日本は地震大国なわけで、他国に比べたら事故の確率は数倍にも跳ね上がるのではないでしょうか。

そんな状況の中にも関わらず、政府は都合のいいストレステストをして、
安全じゃないデータを安全として、原発を動かそうとしています。

これは大きな間違いです。

一部の強欲主義者による、自分の利益ほしさの為に、日本国民へ経済は大切だと洗脳し、
安全じゃないものを安全として、国民を被曝させ、原発をまだ動かそうとしている。。。

人はここまで酷い事が出来るものなのかと、自分の想像を超える現実に戸惑いすら覚えます。

この現状を変えるためには、先日行われた反原発6万にデモのように、みんなの力を合わせてるしかないと思います。

原発推進、原発継続と言っている国会議員には、次回の選挙当選は無いという事をみんなで思い知らせてやらなければ目が覚めないでしょう。

原発推進、原発継続と言っている国会議員がいなくても、日本国は十分機能しますし、かえっていてくれないほうが、日本国にとってプラスになるはずです。

それ以上に、この危機を自分の事のように思える政治家をどんどん国会へ送り続けなければ、この国は変わりません。

もう強欲主義者に好き勝手させる時代は終わりました。
そして自分達で平和と安全を取り戻す時が来ました。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-21 10:44 | 福島第一原発

舞い上がりは内部被ばく10倍=放射性セシウム、直接吸入と比較―原子力機構解析

舞い上がりは内部被ばく10倍=放射性セシウム、直接吸入と比較―原子力機構解析
時事通信 9月20日(火)11時4分配信

 東京電力福島第1原発事故で、一度地面に降下し風で舞い上がるなどした放射性セシウムを取り込んだ場合の内部被ばく量は、大気から直接吸入するのに比べて約10倍多いとの解析結果を、日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)がまとめた。北九州市で開催中の日本原子力学会で22日、発表される。
 同機構安全研究センターの木村仁宣研究員(放射線防護学)は「地面からの再浮遊を防ぐための除染が重要となる」と指摘している。
 東電や文部科学省などの調査データを基に、福島県南相馬市の測定地点で、ヨウ素131、セシウム134、137が空気から直接体内に入った場合(3月20日~5月19日)と、地面に降下した分が再び浮遊して取り込まれた場合(4月3日~6月4日)の内部被ばく量を算出した。
 その結果、セシウム134、137は直接吸入で0.0076~0.0099ミリシーベルトだったのに対し、再浮遊では0.077~0.09ミリシーベルトと約10倍に上った。一方、半減期の短いヨウ素131は直接吸入0.071ミリシーベルト、再浮遊0.045ミリシーベルトと大きな差はなかった。
 セシウム134の半減期は約2年、137は約30年で、再浮遊の影響が長く続くとみられる。木村研究員は「放射性物質の種類によって、被ばく経路に大きな違いがある」としている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000039-jij-soci

--------------------------------

事故は現在進行形です。

原発事故は生易しいものはありません。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-20 19:31 | 福島第一原発

<花火大会>福島産打ち上げ中止 愛知・日進市に抗議殺到

<花火大会>福島産打ち上げ中止 愛知・日進市に抗議殺到
毎日新聞 9月20日(火)12時53分配信

 愛知県日進市で18日にあった花火大会で、実行委員会が福島県産の花火の打ち上げを中止したことに対し、実行委事務局を務める同市に「なぜ中止にしたのか」という抗議電話やメールが殺到している。19日から20日にかけて電話約100件、メール約200件が寄せられ、ほとんどが批判という。実行委は、打ち上げなかった福島産の花火を来年の同じ花火大会で打ち上げる方向で検討を始めた。

 実行委は「打ち上げで放射性物質が拡散するのでは」などと心配する市民の電話約20件があったため、福島産花火を別の花火に差し替えた。市によると、批判は「20件だけの意見にもかかわらず中止にして、より広い影響を与えたのは判断の誤りだ」「過敏に反応する人に配慮するのはいいが、差し替えの必要はない」などの内容が多いという。

 担当の市産業振興課は「福島の花火を中止したのは、放射線量の確認が間に合わなかったためで、危険だからではない。だが、そういう受け止め方が広まってしまっており、中止は失敗だった」と話している。【岡村恵子】

---------------------------------------

>担当の市産業振興課は「福島の花火を中止したのは、放射線量の確認が間に合わなかったためで、危険だからではない。だが、そういう受け止め方が広まってしまっており、中止は失敗だった」と話している。

花火を打ち上げなかった事に関しては、間違えてないと思います。

ただ上の文章のように、多くの方達にしっかりと中止する内容が伝わらなかったことが、問題だったんだと思います。

こういう事が続くと、花火大会の主催側や商品の販売者側で、東北地方の物を拒めばクレームがでるのでは?もしくは罪悪感を感じてしまい、危険な物が危険じゃない地域で消費されてしまう事が起きるのではないかと懸念します。

抗議した方達の気持ちもわからなくはないですが、もしこれで放射性物質が大気中に拡散した時に、
あなたは責任取れますか?と言いたいです。

確率的には、放射性物質が打ち上げ場周辺の方達に影響を与える可能性は低いかもしれませんが、
情だけで抗議するのは間違えていると思います。

放射性物質は情で消えたり、健康に影響を及ばないなどという、生易しい物ではないからです。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-20 19:28 | 福島第一原発

ゆき国まいたけは安全!?

放射性物質を検査してるとCM流していますね。

最初このCMを見たときは、すごい!!これは素晴らしい!!メーカーが国民の為に動き出した!!ぜひぜひ他のメーカーもこれに続いてほしい!!
と一瞬思ったりもしましたが、その安全宣言の検査基準は、国の暫定基準値の数値を使用してました。。。

非常に残念です。

他国では輸入禁止になったり、チェックが入り、安全じゃないだろう!!と、にわかに言われている暫定基準値が基準です。

ゆき国まいたけさんは悪気があってやっているようには思えませんが、悪気がないからと言って、
このCMはどうかと思います。

ただメーカーとしては、他のメーカーや生産者の事を考えて、しっかりと数値を公表し、国民の判断にゆだねます的な苦渋の判断だったのか。。。



理由はどうあれ、国の暫定基準が検査基準ですとCM中に言うべきです。
検査はしているけど、商品が安全とは言ってないですが、消費者に安全な商品だと誤解を招くCMでもあります。

このままCMを流し続けるのであれば、ゆき国まいたけは「安全。安心を。」という言葉は絶対に使うべきではないと、個人的に強く思います。

一番いいのは、原発事故前の基準以下で安全宣言して頂けたらいいんですが。
そしたら喜んで買わせて頂きます。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-19 19:36 | 福島第一原発

原発事故賠償の東電の手続きの大変さ

ニュースで見ました。

なんとも手続きが複雑で、読む内容も多すぎます。説明だけで156ページ。
本当に難しい手続きです。


このごに及んで、原発事故の被害者に大変な思いをさせる東電のやり方には納得いかないです。

この手続きの解読手数料と手続き手数料数万円を東電は、幹部の給料、東電社員の給料からさっぴいて、被害者に還元すべきです!!

こういう細かな心配りが出来ない東電の対応は、今後も後を引くと思います。

相手の立場にたったら、もっといろいろできるはずです。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-16 21:34 | 福島第一原発

福島の現状

朝テレビを見ていると、福島第一原発事故後、原発から約40キロほどの所に避難して生活している、
家族4人の現状を伝える番組がやっていました。

その中で、お父さんは子供の被曝リスクを減らすために、学校の送り迎えをしてあげたり、洗濯物は外に干さないようにしているとのことでした。
マスクはさせてないような。。。

でも、やはり子供の為に気をつけている方はしっかり、放射性物質から子供を守ろうとしているのだなと思っていたんえすが、番組を見ている中で後驚くことが。。。

それは食べ物に関して、地元福島を応援するために、福島県産の食材を率先して買っていたこと。

その家族の食卓には、地元の野菜をふんだんに使ったカレーやおかず、秋刀魚なども出されてました。

なんで子供を守るために頑張っているお父さんがそんなことを?
国が定めた暫定基準値の実際の内容や検査方法を知らないのでしょうか?

お父さんの地元を応援する気持ちは大切だと思いますけど、せめて子供には安全な食材を食べさせるべきです。

テレビを見ていてゾッとしました。

それから原発から20キロほどの所に住んでいた方が避難した場所が、比較的放射線の高い福島市だったり・・・

国や自治体などが、国民に対してリスク管理できるような情報を適切に流し、その情報を地元の人達で共有させるべきなのに、残念な事に意図そうしないのが、今の日本だったりします。。。

福島県でも学校給食が始まった学校も出てきたようですが、すごく心配です。

何度も言いますが、年間20ミリシーベルトを決めた国の、食の暫定基準値を安全ではないです。
それに加えて、暫定基準値を調べる検査すらざるですし・・・

放射能が含まれようが、食べ物は美味しいですし、放射線を浴びても痛くも無いです。
だかと言って、自分や家族が大丈夫という根拠などどこにもありません。

見えない分、十分に気をつけるべきです。


下記は射線リスク欧州委員会 クリス・バズビー博士記者会見の動画です。
福島第一原発事故後すぐに、政府や東電などが行った情報隠蔽や危険な行為や、日本国民の健康リスクを指摘していた人の一人です。

動画3では食品についてお話していただいています。






自分の懸念している事もお話ししていただいています。後半。


[PR]
by hohohodayo | 2011-09-12 12:02 | 福島第一原発

10万円未満の放射線測定器 9種類すべてが不正確 国民生活センターテスト結果

以下記事

10万円未満の放射線測定器 9種類すべてが不正確 国民生活センターテスト結果
2011.9.8 23:38
 インターネットで10万円未満で購入できる放射線測定器について、国民生活センターは8日、放射線を照射するテストを行った9種類すべてで正確な測定ができないとする結果を公表した。センターは「食品が国の暫定基準値を超えているかの測定もできない。値を直ちに信頼しないで」と呼びかけている。

 センターによると、テストしたのは中国製とみられる3万~6万円台の9種類。放射性セシウムによる放射線を10回照射したところ、すべての種類で測定値にばらつきがあり、平均値も実際より低かった。また、毎時0・06マイクロシーベルト以下の低線量が正確に測定できなかったため、同0・007マイクロシーベルトに相当する野菜や肉などの基準値、1キロ当たり500ベクレルは測定できないという。

 また、4種類はネット上の広告で「高感度」といった、正確な測定ができると誤解させる表示などがあり、センターは景品表示法違反の可能性もあるとみて、消費者庁に指導を要望した。

 センターには7月末までに測定器に関する相談が391件寄せられた。そのうち122件が「測定値が2種類しか出ない」といった性能に関する相談だった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110908/dst11090823400030-n1.htm

--------------------------------------------

ん~~中国製ですからね。

それにガイガーカウンターには統一の規格が無いので、今回のような事が起きてしまったのでしょう。





ガイガーカウンターは価格が高いですし、動画やHPなどで測定器の情報を集め、
そして信頼できそうな場所、返品交換が可能な所で買われるとよいかと思います。

それからどんなガイガーカウンターでも測定値はでます。
ただ機種によって数値が変わるので、いろいろな場所を測定して、
自分自身で、ここは線量が高い低いという判断が出来るようにする事が大切だと思います。

自分が測定した動画です。

富士山で測定。



飛行機の機内で測定。


場所によって線量が全然違います。

自分は線量の低い場所、高い場所など色々と測定した結果、富士山での線量以下であれば、それなりに安全だと、独自で判断するようにしています。
あくまでもこの機種で測定し、個人での判断です。

はやいとこ、統一規格を作って頂けると、ありがたいんですが。
[PR]
by hohohodayo | 2011-09-09 00:56 | 福島第一原発